テキサスホールデムのルール

ポーカーといえば5枚のカードが配られて、役を作って他のプレイヤーと競う、ファイブドローポーカーが日本では有名です。

AJPCの大会で行われるテキサスホールデムはフロップポーカーの一種で、テーブルにコミュニティカードと呼ばれる、参加者全員が自分のカードとして使える共通のカードがあるのが特徴です。

テキサスホールデムは世界で最も遊ばれているポーカーで、世界中のカジノで行われているポーカーは、このテキサスホールデムです。

ディーラーから最初に配られた2枚のホールカード(伏せられて配られ、プレイヤーにしかわかりません)と、ボードに開かれた5枚のコミュニティカード(プレイヤー全員が見ることができ使うこともできる)、計7枚のカードから最強になるよう に抜き出した5枚のカードでハンドを作ります。ホールカードを使わずに、ボードの5枚でハンドを作っても問題ありません。

ポーカーは、テーブルに2人から9人座って競い合うのが一般的です。

次に6人のプレイヤーで競い合う例を元に、一連の流れを見てみましょう。

ポジションを決める

ポーカーではゲームを進行する上で、アクション(チップをかけたりする)を行なう順番を決める必要があります。今回の例は6人のテーブルなので、1番から6番まで順番を決めます。この時1番をスモールブラインド(SB)、2番をビッグブラインド(BB)、最後の6番をディーラーボタン(BTN)、と呼びます。

ajpc-position

人数が増えても1.2番がSBとBB、最後がBTNというのは変わりません。

ゲームが始まると、ディーラーがポジションを決定します。

上の画像には、BTNの前に「D」と書かれた丸いものが置かれています。これが、このプレイヤーがBTNである、という目印になります。テキサスホールデムでは、目印を1番のSBではなく、BTNをに置きます。

ポジションは、1ゲームごとに時計回りに移動していきます。つまり、ずっとゲームを続けていると、全てのプレイヤーが全てのポジションを経験することになります。

また、SBとBBはの前に、1ドルと2ドルが置かれています。

これをブラインドと呼び、SBとBBが強制的に支払わなければならないチップのことです。ブラインドについては後ほど詳しく説明します。

カードが配られる

ポジションが決まれば、ディーラーが各プレイヤーにカードを配ります。

カードはSBから時計回りに1枚ずつ配られていきます。この最初に配られた2枚のカードをホールカードと呼び、各プレイヤー固有のハンドとなります。

例えば、BTNは以下のカードが配られたとします。

AhQh

全員にカードが配り終わったところで、プレイヤーがアクションを開始します。

テキサスホールデムは、以下の4つのラウンドでアクションを行います。

  1. プリフロップ:2枚のカードが配られた状態
  2. フロップ:テーブルに3枚のコミュニテイカードが開いた状態
  3. ターン:テーブルに4枚目のコミュニテイカードが開いた状態
  4. リバー:テーブルに5枚目のコミュニテイカードが開いた状態

プリフロップ

プリフロップでのアクションを行なう順番は、BBの次の3番目のプレイヤーから行います。

SBとBBはブラインドと呼ばれる強制ベットがあるため、すでにチップを賭けたことになっているので、その次の3番目にあたるプレイヤーからアクションを行なっていきます。

今回の例では、SBが1ドル、BBが2ドルベットしており、このBBの2ドルを基準にチップを賭けていきます。

プレイヤーが行なうことができるアクションは、以下の5つです。

  1. フォールド(ダウン):ゲームから降りること。カードをディーラーに返します。
  2. チェック:パスのこと。1ドルも賭けず次のプレイヤーにアクションをまわします。
  3. コール:それまでにベッティングアクションがあった場合、同額を出すこと。
  4. ベット:チップを賭けること。それまでに誰も掛けていない場合にベットという。
  5. レイズ:それまでに誰かがベットしていた場合に、上乗せすること。

3番手のプレイヤーは、BBの出した2ドルに対し、フォールドするか、同じ2ドルを出してコールするか、2ドルに上乗せしてレイズするか、の3つの選択肢があります。すでにBBが2ドルをベットしている状態なので、チェックはできません。チェックは、誰もベットしていない状態でしかできなません。(フロップ、ターン、リバ0で可能)

3番手のプレイヤーはフォールドしました。フォールドした場合、手元にあった2枚のカードはディーラーに返します。

4番手のプレイヤーもフォールド、5番手のプレイヤーはコールで2ドルをテーブルに出しました。

そしてBTNのプレイヤーのアクションです。

AhQhというカードは非常に強いカードなので、レイズして5ドルに上乗せします。

ここで、全員がアクションを行い一週したことになります。しかし、SBとBBは、最初に強制的にチップを賭けさせられただけで、自分の意思でアクションを行なっていません。ですので、SBとBBには、プリフロップのみ「オプション」と呼ばれる、アクションを行なう権利があります。

SBはBTNの5ドルへのレイズに対してフォールドしました。テーブルに出していた1ドルはSBの手には戻りません。

続いてBBはコールして、テーブルに出していいたブラインドの2ドルに対し追加で3ドルを出し、合計5ドルにしました。これで全員が何かしらのアクションを行いました。

しかし5番手のプレイヤーは2ドルしか出しておらず、BTNのレイズした5ドルに達していません。よって、5番手のプレイヤーは、フォールドして2ドルを捨てるか、コールしてあと3ドル出すか、レイズしてさらに上乗せするかを選択してアクションします。

今回の例では5番手のプレイヤーはコールし、合計5ドル出したことにします。ajpc-position2

これで全員のアクションが完了し、参加している(フォールドしていない)BB、5番手、BTNの3名は全員5ドル出してチップのベット額が揃ったので、次のラウンドに進みます。

テーブルに出されたチップは、ラウンドが終了する度にまとめて一つに集められます。このチップの山のことをポット(pot)と言います。今回はテーブルに出されたチップは合計16ドルです。

フロップ

プリフロップが終われば、次はフロップと呼ばれるラウンドです。テキサスホールデムでは、だいたいプリフロップの段階で多くの人がフォールドしており、フロップに進むのは2~3名に絞られることがほとんどです。(もちろん全員がフロップに進むこともあります。)

プリフロップが終わると、ディーラーがコミュニテイカードを3枚、テーブルにオープンします。

今回コミュニテイカードには以下のカードが開きました。

Qd3c9c

コミュニテイカードが3枚が開いたところで、フロップのスタートです。

この時点で、各プレイヤーは自分の持っている2枚のカードと、コミュニテイカード3枚の計5枚を使って役を作ったことになります。(ポーカーは5枚で役を作ります。)

アクションの順番は、1(SB)→2(BB)→3→4→5→6(BTN)、と順番通りに行なっていきますが、今回1(SB)、3、4のプレイヤーはすでにフォールドしているので、残っているBB→5→BTNの順に行います。

BBはチェックしました。チェックはチップを1ドルもベットせずに様子見する、ということです。要はパスです。このラウンドになってBBの前にまだ誰もチップをベットしていないので、チェックが可能です。

5番手のプレイヤーもチェックしました。

次にBTNのアクションです。BTNの手はAhQhでした。フロップに開いたのはQd3c9cですから、BTNの現在の手は

QhQdAh3c9c

となります。これは、ワンペアという役です。

BTNはワンペアができたので10ドルベットしました。

するとBBはフォールド、5番手のプレイヤーはコールし、10ドルをテーブルに出しました。

ベット額が揃ったので、次のラウンドに進みます。ポットは36ドルになりました。ajpc-position3

ターン

フロップが終わると、コミュニテイカードが1枚新たに開いて、4枚のコミュニテイカードになります。

ターンでは9hが開いたので、コミュニテイカードは以下のようになりました。

Qd3c9c9h

5番手のプレイヤーはチェックしました。

BTNはターンで9hが落ちたことで、役は以下のようになります。

QhQd9c9hAh

2ペアになったのがわかります。

BTNは5番手のプレイヤーが9を持っていると負けなので、チェックすることにしました。

全員がチェックでまわると、そのまま次のラウンドに進みます。 ポットは36ドルのままです。ajpc-position4

リバー

ターンが終わると、コミュニテイカードが1枚新たに開いて、5枚のコミュニテイカードになります。

リバーではQsが開いたので、コミュニテイカードは以下のようになりました。

Qd3c9c9hQc

ラウンドはこのリバーが最後です。これ以上コミュニテイカードは増えません。

5番手のプレイヤーはオールイン(全部のチップを賭ける)で30ドルをベットしてきました。

BTNの手はAhQhでコミュニテイカードはQd3c9c9hQcです。この7枚のカードから5枚を使って作れる最も強い役は、以下のフルハウスです。

QhQdQc9c9h

これがBTNの最終的はハンドです。

BTNはフルハウスという非常に強い手を持っているので、5番手のオールインに対しコールして30ドルを出しました。

最終的なポットは96ドルにもなっています。

リバーでのアクションが終わり、ベット額が揃った段階で、残っているプレイヤーは自分のホールカードを公開して、役の強さを競います。これをショーダウンと言います。

ajpc-position5

5番手のプレイヤーはAd9sを開きました。5番手のプレイヤーの役は最終的に

QdQc9c9h9s

となり、9のフルハウスになりました。非常に強いハンドです。

しかしBTNの役は同じフルハウスでもQが3枚のフルハウスです。

よって、BTNのほうが強い役を持っていたため、この勝負はBTNの勝ちで、ポットの96ドルは全てBTNのものになりました。

以上で1ゲームが終了です。

BTNの前に置かれていた目印が時計回りに一つ移動し、次のゲームがスタートします。

全員フォールドしたら?

例えば今回の例で、リバーでの5番手のオールインに、BTNがフォールドしたとします。

残ったプレイヤーは5番手のプレイヤーだけとなり、このゲームの勝者はこの5番手のプレイヤーとなります。

テキサスホールデムは、ショーダウンして役の強さで勝負する勝ち方と、参加者を全員フォールドさせて勝つ方法の2通りあります。

ブラインドの額は決まってるの?

今回の例は、SB1ドル、BB2ドルとしましたが、このブラインドの額は様々です。

海外のカジノではSB1ドル、BB2ドルが最も低いブラインドとして一般的ですが、高額なテーブルではSB100ドル、BB200ドルなども存在します。(さらに高額なテーブルも・・・)

AJPCのブラインドは?

ポーカーには、キャッシュゲームとトーナメントという2種類のゲーム方式が存在します。

キャッシュゲームは、お金でチップを買って、そのチップを持ってテーブルに座ってプレイヤー同士で競うものです。

トーナメントは、参加者全員が同等のチップを持って一斉にスタートし、徐々にブラインドが上昇していきます。ブラインドが上昇することで、どんどんプレイヤーがチップを無くし(破産してゲームオーバー)、最終的に1名の優勝者を決めます。

AJPCはトーナメント方式なので、ブラインドの額は時間がたつと上昇していきます。

過去の予選では、全員3000点でスタートし、最初のブラインドはSB25、BB50です。

一定の時間がくるとブラインドはSB50、BB100と上昇していきます。

チップが全部無くなったらどうなるの?

キャッシュゲームなら、新たにチップを買いにいけばいいでしょう。

トーナメントならチップが無くなった段階でそのトーナメントは敗退です。

トーナメントはチップがゼロになったら終わりのサバイバルゲームなのです。

AJPCのトーナメントに参加するにはお金がかかるの?

無料です!

AJPCのトーナメントへの参加に費用は一切かかりません!

誰にでも無料で参加する権利があります。

ポーカーを覚えたての方も、是非AJPCに参加してみてください!